腎臓サプリで機能UP〜おすすめ成分を口コミから探る〜

腎臓 サプリ

最近疲れやくなった気がする、尿の匂いが気になる、といったことはありませんか?それは腎臓の機能が落ちているサインかも。腎臓は血液をろ過して老廃物を取る重要な役目を担っている臓器です。30歳ごろから年齢とともに機能が低下しますが、ストレスによりその速度が速まることもあるのです。そんな腎臓を機能UPさせる成分とはなんでしょうか?

 

・牡蠣エキス
・シトルリン
・DHA&EPA

 

腎臓は毛細血管が多いため高血圧は大敵!血圧が高くなると血管が傷つき機能の低下を招きますので、血圧を正常にする牡蠣エキス・血流促進のシトルリンなどをぜひ。また血液サラサラ成分であるDHA&EPAもおすすめです。当サイトでは、おすすめ成分が配合された機能UPサプリを口コミとともにご紹介。早めの対策、始めてみませんか?

 

オルニパワーの特徴

広島県産牡蠣の牡蠣エキスが配合されたサプリメントです。腎臓や肝臓のために摂りたい厳選食材がしっかり入っています。塩分の過剰摂取により起こる高血圧に効果的な牡蠣エキスが、腎臓の働きをしっかりサポート。たっぷりのオルニチンが肝臓の働きを助けることで、腎臓への負担を減らし機能低下を防ぎます。1日めやす4粒で、腎臓も肝臓も同時にパワーUP!WEB限定の特別キャンペーンなら、定期コース初回が500円(税込・送料無料)。

価格 500円
評価 評価5
備考 オルニチン

 

大正DHA・EPAの特徴

血液サラサラ成分DHA&EPAが贅沢に配合されたサプリメントです。血圧コントロールに欠かせないDHA&EPAが1日1包(5粒)で600r摂れます。DHAやEPAには、中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを減らし善玉(HDL)コレステロールを増やす働きもあり、血流改善や高血圧の予防が期待できます。便利な定期コースなら、初回は1,000円(税別・送料無料)と始めやすくなっています。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 DHA&EPA

 

クレアギニンEXの特徴

血流を改善するシトルリンと牡蠣エキスを配合したサプリメントです。血圧コントロールをサポートするシトルリンや牡蠣エキスなど、29種類を多種調合しています。シジミエキスのオルニチンが肝臓機能をUP、腎臓の負担を減らしてくれます。1日めやす2粒。期間&人数限定キャンペーンなら、定期お届け初回が1,980円(税別・送料無料)。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 シトルリン・オルニチン

 

腎臓が不調な際のサイン

 

腎臓というのは目で直接見ることは出来ませんが、その機能にかげりが出てくると体にはなんらかのサインが表れるようになります。腎臓が弱ってくるとどういったサインが出ているのでしょうか。

 

腎臓が悪くなると、まずは足の裏の中央部に大きくシコリが出来たりします。ここを押したときに強い痛みがある場合には十中八九腎臓の機能に問題が生じています。足の中では中指に特に腎機能の影響が出やすいので、注目してみてみると良いでしょう。

 

腎臓というと尿との関わりが深い部位ですから、腎臓にトラブルがあれば当然尿の状態にも変化が現れるようになります。もしも尿に妙な泡立ちが見られる場合には注意が必要です。尿が泡立つ理由は腎臓におけるろ過機能が低下しているからだそうです。

 

腎臓が悪くなると基本的に血液中に毒素が増えるので、疲れやすくなったりはっきりと原因の分からない不調が増えるようになります。胃や腸に特に問題がないのに不調が出ている場合には腎臓を疑ってみると良いでしょう。病院で検査をしても、腎臓はよほどのことがない限り異常が見つかったり積極的な治療をすることはありません。ですから普段から何か異常があれば、自分である程度改善するようにしておいた方が良いでしょう。

 

規則正しい生活や適度な運動、食事におけるナトリウム(塩分)を控えることや適度な水分摂取などが腎臓の機能を保護するためには大切です。腎臓は一生使い続けるべきものですから、管理の不徹底によって失われることがないように注意しましょう。人工透析が必要になると、様々な点で不便が増えてしまいますよ。

 

腎臓とストレスの関係

 

腎臓の機能低下には実はストレスも関わっています。生活習慣と腎臓病と関わりは深いものがあるのですが、ストレスとの関係性が指摘されるようになったのは最近の話です。ストレスから直接生じるものもありますが、ストレスから始まるアルコールや喫煙も腎臓のトラブルを招く要因となっています。

 

日本ではストレスの無い人はいないと言われるほど老若男女を問わずストレスが問題になっていますが、そのストレスは腎臓病を発症させたり悪化させる原因となります。ストレスが増えると体内で活性酸素が増加しますが、これが過剰に発生してしまうと体内の細胞を攻撃してしまい、血液をドロドロにしてしまいます。するとドロドロになった血液をろ過する役目を担う腎臓には大きな負担となってしまいます。結果、腎臓の疲労はどんどんたまっていってしまい、機能低下や病気の原因となってしまうのです。

 

ストレスは目に見えませんから、日々しっかり管理しなくてはなりません。日々の汚れをお風呂で落とすように、毎日のストレスはその日のうちに解消するように時間を取ることが大切です。運動や入浴、趣味の時間などを生活にしっかり作っていき、自己防衛をするようにしましょう。時間が無い場合は、深呼吸をするだけでも有効で、自律神経を整えて休息の効果も高めてくれます。ストレスが多いときほど昔から言うように「一息つく」ことを大切にしたいものです。ストレスは避けられませんから、毎日しっかり対処するようにしましょう。

 

腎臓に酢は有効

 

腎臓病に有効な食品のひとつに酢がありますが、特に黒酢は有効とされています。黒酢には利尿作用があるので、体内の老廃物や毒素の排出力が高まります。腎臓病の一つである腎炎などにおいては、タンパク尿や血尿などが生じ、血液中からタンパク質が少なくなります。黒酢にはアミノ酸も多く含まれており、血中のタンパク質を増やして全身の弱った組織の再生に有効で、当然腎臓も修復出来ます。また腎結石の原因となるシュウ酸カルシウムの排泄効果も高くなりますので、腎臓に生じるトラブルの多くに効果的と言えるでしょう。

 

注意したいのは酢は陰性食品、つまり体を冷やす作用のある食品だということです。あまりにも多く摂取すると、それによって体が冷えてしまい、腎臓も本来の機能を発揮出来なくなってしまいます。また酢は摂取過剰になると血液内の赤血球を破壊する可能性があり、溶血性貧血という貧血症状を引き起こす可能性があります。酢は健康に良いのですが、あくまで正常な摂取量の範囲内であり、過剰になると思わぬトラブルの原因になります。そして酢は心臓を肥大化させて心臓の収縮力を弱くし、血流を悪くしてしまう作用もあります。上記の溶血作用も合わせて、心臓や血液の役割を考えると良いことばかりでもないということが言えます。

 

ですから黒酢を飲むときは一日に1パック程度を基本にしておくべきです。また食事の中でも酢を使う機会が多い人は、過剰にならないように注意が必要です。

 

腎臓のトラブル腎結石

 

腎臓のトラブルとして多いものの中には腎結石がありますが、この腎結石は腎臓のどこに出来るかによっても扱いが変わってきます。腎杯結石と呼ばれるのは腎臓の先端部分に出来るもので、この段階では小さく自覚症状もあまりありません。腎盂結石というのは腎臓の下の方にあるもので、この段階に来ると腎杯結石よりもだいぶ大きくなっており、痛みを感じることもあります。腎盂結石は、尿が上手く排出出来なくなると腎炎なども引き起こしやすいので注意が必要です。

 

基本的に腎結石だとしても自然に排出されることも多いですが、だんだん大きくなるに連れて痛みが生じたり、また尿の中に血液が混ざるようになっていきます。血液が混ざっても少量であればほとんど気付きません。もしも目視で把握出来るほどに血尿がひどくなっている場合には、相当に症状が悪化している可能性がありますので、急いで医療機関を受診した方が良いでしょう。腎結石が大きくなってくると、排尿困難などのトラブルの原因となります。腎結石はめまいや頭痛、肩こりなどを引き起こすこともありますので、これらの症状が組み合わさっている場合には特に注意が必要です。

 

病院では問診や触診をまず行って状況を予測し、必要と考えられる検査をさらに行って診断していきます。多くの場合は薬物療法で改善出来ますが、必要に応じて手術によって結石を破砕することもあります。腎臓に限らず、尿管に結石が出来る場合には食習慣などの影響も大きいので、再発しやすいということに注意しましょう。

 

腎臓の衰えと慢性腎臓病

 

腎臓は血液のろ過という大事な役割を果たす器官ですが、その機能は年齢と共に衰えていくと言われています。その衰えは比較的早く、30歳ごろから衰えが始まり、年々1%ほどの機能低下が起こっているそうです。実際には個人差があるものとは言いますが、おおよそ50歳頃には若い時期に比べて20%は機能低下が起こっていると考えておきましょう。腎臓の機能低下を引き起こす問題に高血圧がありますが、これが慢性腎臓病を誘発することが知られています。高血圧と腎臓には密接な関係があるのです。

 

慢性腎臓病は国内に1300万人以上とされていて、さらに高齢化の影響で増加すると言われています。自覚症状が最初は乏しいことから、気づいた時には重症化しており、透析治療が必要となることも少なくありません。慢性腎臓病は心臓や脳の血管障害を引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。

 

慢性腎臓病は体のむくみや食欲不振、貧血や倦怠感、疲れなどを生じさせます。この段階でも腎臓の機能がだいぶ衰えていると考えられます。しっかり休んだり食事を改善しても数日改善が見られない場合には、病院で尿検査や血液検査を受けてみることをおすすめします。

 

病院では尿検査や血液検査などによって慢性腎臓病の診断をしますが、明らかな異常が見られる場合や腎臓の機能の低下が著しいと思われる場合に慢性腎臓病と診断され、その他の場合は急性のものや一時的な不調として、生活改善指導や薬物療法などで経過を観察します。

 

腎臓にもオルニチンは必要不可欠?その理由は?

 

オルニチンというと肝臓とのイメージが強い人も多いと思いますが、腎臓にもオルニチンは必要な栄養素になっています。腎臓だってアンモニアなどのような有害物質の解毒をしていたり、尿として排出してくれる働きを持っています。

 

そのため、腎臓でもオルニチンは必要不可欠といえるのです。オルニチンサイクルというものがあるのですが、このサイクルによってアンモニアの分解をすることが出来るようになっています。分解されたアンモニアは尿素になって無害化されます。腎臓に負担をかけることなく大概に排出することができます。

 

ですが、オルニチンが肝臓内で不足してしまうと、オルニチンサイクルも正常に作用しなくなってしまって、アンモニアなどを十分に分解することができなくなってしまいます。そのせいで、腎臓も解毒をするようになり、肝臓だけではなく腎臓にも負担をかけてしまうことになります。

 

肝臓も腎臓も問題が生じてしまうと、病気に発展してしまうことだってありますから、オルニチン不足にならないように外部から摂取していかなくてはならないのです。オルニチンが足りなくなってしまうと毒素がたまり、病気にかかりやすくなってしまいますし、肝臓への負担も大きくなってしまいます。

 

なかなか肝臓というのは症状でSOSを出しませんから、肝臓病などになっても気づくのが遅いということも珍しくありません。ですので、普段からオルニチンを摂取して、肝臓への負担を軽くしていきましょう。

 

腎臓を大事にする食習慣を

 

慢性腎臓病は脳卒中や心筋梗塞といったトラブルのリスクを高めます。腎機能が低下すると自力での体内の老廃物の除去が難しくなるので、最終的には透析や移植といった処置が必要となります。

 

このような点だけを考えても、慢性腎臓病は避けておきたいところですが、そのためにはどういったところに注意するのが良いのでしょうか。腎臓の機能を保つためには、腎臓にかかる負担を減らすことが大切なのですが、そのために気をつけたいのが普段の食生活です。

 

まず、注意したいのが水分の摂取で、これは少なすぎても多すぎても腎臓にとっては負担となってしまいますから、毎日食事などを含めて2リットル前後を意識して飲むようにしましょう。

 

また、タンパク質の摂取も注意が必要です。基本的にタンパク質は体を作る上でもカロリー源としても大切なものですが、炭水化物や脂質は体内で吸収されて最終的には水くらいしか出てこないのですが、タンパク質は多くの物質が後に残ります。

 

これが多くなると当然最後は腎臓でろ過することになりますので、多くのタンパク質を摂取するとそのろ過作業も大変になります。腎臓は体のナトリウム量や水分量の調整もしていますから、多くの塩分によってナトリウムが増える事が無いように注意しましょう。また、カリウムも多く摂取しすぎると水分代謝が激しくなり、腎臓を疲れさせる原因となります。

 

腎臓は体の中でも非常に大事な機能を多く受け持っていますから、自覚症状の有無を問わず、不調になると多くのトラブルが生じるようになります。普段から腎臓に気を使って食生活を改善しましょう。

更新履歴