CKD、降圧治療

CKD、降圧治療

CKD患者さんの降圧治療は腎臓のはたらきに注意しながら行われます。よって、一般の高血圧患者さんとは目標血圧や処方する薬などが違ってきます。主治医にしたがって、適切な治療を進めていきましょう。

 

・目標血圧
腎機能低下と高血圧のつづく悪循環を断ち、CKDの進行を抑制するため、目標としては血圧をコントロールし収縮期130mmHg以下/拡張期80mmHg以下にすることが必要です。とくに65歳以上の高齢者は腎機能の確認を怠らず慎重に、また急激な血圧の変動を避けながら最終的には130/80mmHg以下を目標に降圧します。

 

まずは注意すべき過剰な塩分の摂取や肥満、タバコの喫煙者や、適度な運動など生活習慣の改善がかなり重要になってきます。それでも血圧のコントロールが難しい場合に用いられるのが薬による治療。このとき急激な血圧の変化は腎臓に負担がかかり悪化させる恐れがあるのでタンパク尿や血清クレアチニン値により腎臓機能の状態を確かめつつ治療を進めるのが大切です。

 

・薬の種類
腎臓機能の低下がみられる患者さんには、アンジオテンシンU受容体拮抗薬「ARB」。アンジオテンシン変換酵素阻害薬「ACE」などがおもに使用される薬です。血管を収縮し血圧を上昇させるホルモン・アンジオテンシンUの生成を抑えるだけでなく同時に腎臓を守る効果もあり治療の初期段階で使われます。

 

特に糖尿病を合併したんぱく尿があるCKD患者さんには、ARBやACE阻害薬が初めに使われるでしょう。しかしこれだけでは血圧が下げきらない場合もあり、その際には加えてカルシウム拮抗薬や利尿薬なども使用しながら治療されます。

 

・降圧治療
高血圧の治療から血圧を大きく下げることができれば、腎臓不良の速度も遅くなることが報告されています。腎臓を守りつつ緻密な血圧コントロールによりCKDの進行を食い止めるだけでなく、その後起こりうる透析治療の可能性や心血管疾患からまねく死のリスクも低くなり、患者さんにとって非常に大きなメリットとなります。

 

治療の進め方、療法は患者さん個々の状態によって異なってくるので主治医との相談をし、その指示にしたがってすすめていきましょう。