腎性貧血とは?

腎性貧血とは?

腎臓が分泌するホルモンの一つに赤血球をつくる手助けをするエリスロポエチンというのがあります。腎臓機能の低下はこのホルモンが減少し、同時に赤血球も減るため貧血になります。

 

赤血球は酸素をいきわたらせる役割をもつので腎性貧血を起こすと疲れやすかったり動機や息切れ、めまいなどがあらわれます。が、貧血の進行は徐々に侵されるため体が慣れてしまい気づかない場合が多々あり、注意しましょう。

 

貧血状態では、全身が酸欠になります。そのカバーで心臓は常に負担をかかえることになってしまいます。
CKD患者の人は定期健診での血液検査からヘモグロビン値で判断できるので、症状悪化の前に適切な治療をしましょう。

 

貧血には、腎性貧血とは原因や治療法の異なる鉄欠乏症貧血があり、これは体内の鉄不足でヘモグロビンの不十分から起こります。貧血には鉄分補給がいいと一般的にいわれますが、腎性の場合鉄だけでは補給しても意味がありません。